コーポレートサイトはこうして作る

コーポレートサイトはこうして作る

目立つ場所にアピールポイントやサービス価値を配置する

自社の優位性は何か、

独自性は何か、

自社の強みを明確にして、コーポレートサイトの骨組みにします。

自社の競合優位性は技術力か、提案力か、それとも変化する環境にも柔軟に適応するノウハウか。まず、自社の特性と向き合い、自社が持つ強みを明らかにすることから開始します。
自身が自社の強みを把握していなければWEBサイトでアピールすることは不可能です。

いくら、格好いいWEBサイトをデザインをしても、訴えるべきポイントが何もなければ「だから、何なの?」と思われ、コンバートにはつながりません。

明確になった優位性は、他社にはない技術力、あるいは柔軟な提案力かもしれません。
さらに突き詰めてアピールすべきポイントを明確にしていきます、強みを明確にすることで、発信する情報の軸が見えてきます。この軸に沿って「何を伝えるか、そのためには何を見せなければならないか」を整理していくことで、徐々に構造やコンテンツ、必要となる機能が具体化し、コーポレートサイトの構成がみが見えてきます。

強みを明確にすることは、プロジェクト関係者全員の意志統一や、デザイン、コンテンツを考える際の基本的な考え方が見えてきます。

我々が関与するプロジェクトでは、まず、お客様と共同で企業ドメイン、企業スタンスを明文化し、差別化をアピールしてまいります。

カテゴリ・コンテンツの役割の確定

コーポレートサイトに掲載するカテゴリやコンテンツの役割は、慎重かつ拠り所を明確にしたうえで分類していきます。

「誰に」「何を」「どのように」伝えるかを見定め、検討し明確なコンバージョンを設定します。

カエゴリやコンテンツを数値化して確認できるサイト構築を実施しPDCAを常に回せる設計に力を割きます。そうすることによって具体的に、カテゴリ、コンテンツの役割が見えてきます。

複雑な構造。過剰な演出は避ける

ユーザーに少しでもサイト内に留まってもらうためには、離脱しない構造や機能は不可欠です。お客様の中には過剰なエフェクトやビジュアル表現で目を引こうとする方がいらっしゃいますが過剰なエフェクトやビジュアル表現は逆効果となる場合が多いです。
お客様がエンターテ-メントやデザインを生業にしていれば別ですが、そうでなければ逆に、ユーザーに不快感を与えてしまいます。

また、情報過多なため、ユーザーがより簡易に情報収集可能な他社のコーポレートサイトに移ったり、回遊を繰り返す過程で、ユーザーが当初に求めていた情報を見失い、混乱の末、離脱してしまうことになります。

機能を充実させるのは、サイト公開後の効果測定データを基に、ユーザー動線を見定めてからでも遅くはありません。運用開始後に、小さなゴールを一つひとつ設け、長期的な視野で段階的に機能を増やしていくほうが、より良い結果に繋がると考えます。

ターゲットとするユーザーの閲覧するシーンに応じたデバイス対応

ターゲットとするユーザーの閲覧するシーンに応じたデバイス対応が必要です。

会社のデスクの前で閲覧するのか、通勤途上の電車の中でスマートフォンで閲覧しているのかで情報の配置、ボリュームは大きく左右されます。

スマートフォンなど昨今の閲覧環境の多用化は、Webサイトの表現方法に大きな影響を与えました。そのため、ユーザーの利用シーンに応じたデバイス対応が求められています。

また、Googleが「モバイルファーストインデックス」を発表したことに伴い、これまではパソコンとスマートフォンで情報を分けていた企業は、閲覧環境ごとでの情報の取捨選択・見せ方を検討する必要があります。

「ユーザーのスマートフォンには、何を表示すべきか?」「お問い合わせフォームを最後まで入力してくれるのは、パソコンユーザーか?それとも、スマートフォンユーザーか?」こうしたことを検討することは、今後ますます重要です。

選択肢は一つではありません。掲載する情報の属性や情報量、具体的なお客様像と利用シーンを考慮したうえで閲覧環境を見定めた対応が大切です。

ビジュアル表現は、自社の実体や将来のイメージが伝える

映像あるいは写真、どちらを選択するかも含め、自社の実体を表現できる最適なビジュアル・手法を見定めることも重要です。コーポレートサイトにおいては、ビジュアル表現の訴求力や分かりやすさは重要ポイントで発信者側の想いをストレートに示す重要な要素です。反面、自社をよく見せたい気持ちが勝り、実態と乖離した表現を用いると、その姿をユーザーは貴社の「実態」ととらえてしまうことにもなります。現実に沿ったイメージ、これから進んでいきたい方向性と合致するビジュアルとなるよう綿密に検討も重要です。

貴社の企業(コーポレート)サイトには、何が掲載されていますか?

企業概要、商品・サービス説明、あるいは代表あいさつなど。もし、貴社のサイトが、それら基本情報しか掲載していなければ、そのサイトは十分に力を発揮しません。企業サイトで展開する基本情報には、「(設立・売上・資本金等の)企業概要」「事業紹介」「商品・サービス説明」「CSRレポート」「IR情報」「代表あいさつ」「企業理念」などがあります。「基本」情報というだけあって、これらは、企業を紹介するうえで最低限のデータ。企業の本当の魅力をアピールするものではありません。また、商品・サービスアピールという観点でも不十分です。

例えば、企業の沿革では、時系列データを羅列した「沿革」ではなく、創業からの歴史を振り返りながら、重要な局面でどんな選択をしてきたかをたどり、企業のDNAを明確にする「企業ヒストリー」でアピールできれば単なる商品・サービス紹介ではなく、開発までの軌跡を追い、かかわった人々の想いや企業の価値観を浮き彫りにする「プロジェクトストーリー」。
SWOT分析などで得た結果を、印象的でわかりやすい言葉へ昇華させ、ステークホルダーへアピールする「企業の強み」が伝わります。

競合他社との差別化を図る

製品・サービスのスペック、会社概要や事業案内などの基本情報だけではなく、その裏側にある企業・社員の「想い」や「ビジネスに取り組む姿勢」を想定するターゲットユーザーに対して、効果的に訴求する。

自社の「強み」はページ自体が、サイト内の他のページをつなぐ「ハブ」になり得るまず考えるべきは「誰に・何を伝えるか」
その後「どうしてほしいか」』です。すなわち、以下を第一に検討することが必要です。

ページを見るユーザーはどんな属性か
(男性/女性?年齢層は?企業の担当者?株主?学生?など)
ユーザーはどんな情報をほしがっているか
「強み」を読んだユーザーに、どんなアクションをしてほしいか
(興味喚起でOK?企業理解を促進したい?理念に共感してほしい?製品・サービス、採用情報など関連するコンテンツへ誘導したい?など)
提供する情報に過不足はないか
仮説を立て、上記を踏まえ検討し、最適なページ構成コンテンツボリューム視覚表現導線設計を進めることが、より効果的な「強み」の訴求につながります。

どうやって「強み」を表現するか
起承転結でコンテンツを構成していきます。
流れがあることによって、ユーザーの読みやすさは向上します。
この方法を採用する場合、「取材・撮影」をさせていただくことが多くなります。

製品・サービスの情報を中心に企業の姿勢を表現する場合

製品・サービスの訴求を中心としながら、「強み」を伝える方法でユーザーに競合他社と比較される場合、単純に価格やスペックで比較されてしまいがちですが、事実をただテキスト情報として書き連ねるのではなく、 情報、データ、知識などを視覚的に表現することで、数字の情報からは見えにくい、想いや姿勢を表現することができます。

「人」を通して訴求する場合

「企業ヒストリー」を語れるのは、創業者や創業メンバーです。商品・サービスの開発の「プロジェクトストーリー」を語れるのは、もちろん携わったメンバーたち。「企業の強み」を、自分の言葉で語れるのは経営層です。
彼らにインタビューすることで、リアリティのある血の通った言葉を得ることができ、それを文章などに再構成することで、よりはっきりした企業の「顔」を形成できます。インタビュー対象者の写真を掲載すれば、ユーザーに親しみを感じさせることも可能となります。

効果的な企業アピール、商品・サービスアピールという観点でも。また、実現の容易さ、コストの面でも。企業サイトにおけるコンテンツは、極めて効果的な媒体です。

 

WEBサイト制作はこちら

 

 

コンテンツ制作カテゴリの最新記事